交通事故後の症状 ―こんな症状でお悩みの方はご相談ください―
  • 首の痛み

  • 手首の痺れやだるさ

  • 腰の痛み

交通事故による怪我というのは通常の怪我よりも交通事故時の状況によって複雑にさまざまな症状が複合しています。

交通事故の直後は大丈夫と思って治療しないでおくと、後で痛みが出たり症状が長引いてしまう場合がるので、早期での治療が必要となります。
 
交通事故の症状は最初が肝心です。それによりその後の治療や受ける補償に大きく影響します。まずは経験と知識豊富な当院へご相談ください。患者様に不利の無いよう適切な事故による治療の処理の流れを丁寧にご説明いたします。

 
<主な自覚症状>
頭痛・首や腰の痛み・めまい・吐き気・耳鳴り・食欲不振・脱力感・コリ・手足の痺れ・ 筋緊張・胃腸等消化器系統の機能低下等
 

もし交通事故に遭ったら・・・

  • 1,車を安全な場所に停車する

    まずは2次災害を防ぐ為きちんと車を交通の邪魔にならないよう道路の端に停車しましょう。

  • 2,ケガの有無を確認する

    怪我がある場合はすぐに119番を!

  • 3,110番をする

    必ず警察を呼び、当事者同士での口約束や示談は行わない。痛みがある場合などは、その旨を警察に伝え人身事故扱いとする。

  • 4,保険会社に連絡する

    ・交通事故の日時、場所
    ・相手の住所、氏名、電話番号、車名、ナンバーなど
    ・事故の状況
    ・届出警察署
     
    上記項目を伝えて下さい!

  • 5,うれしの鍼灸整骨院に来院

    症状によっては整形外科に通院後の転院になる場合があります。まずはご相談ください。